FANDOM


Falco Lombardi (Star Fox Zero) Wii U
「たっぷり、礼をしてやるぜ!」
―ファルコ・ランバルディ

ファルコ・ランバルディFalco Lombardi)は、鳥類のレースの擬人化したメンバーとスターフォックスチームの優秀なパイロットだ。また、彼は親友とフォックス・マクラウドに親しみやすい匹敵するものだ。ファルコは現在まであらゆるスターフォックスゲームにおいて彼のウイングメイト達と一緒に現れて、通常彼の生意気で、冷たくて、収集したふるまいを保持する。優秀なパイロットであるけれども、ファルコは時々、彼が逃げることができない状況に引っかかって、フォックスに援助を頼らなければならない。『スターフォックス64』から、ファルコは彼自身のマンガの中できらめいた。そして、『スターフォックス64』と『スターフォックスアドベンチャー』の間で起こっているイベントに、それは集まる。

作品ごとの設定、行動など

スターフォックス
自身の元ライバルであるフォックス・マクラウドらと共に宇宙義賊として活動しており、フォックス達と共にペパー将軍にスカウトされ、軍が所有する戦闘機「アーウィン」に乗り、共にアンドルフ軍討伐に向かう。
単独で先行し別のレベルのボスを撃破したりする等、メンバーの中では最も腕が優秀。
スターフォックス64
かつて宇宙暴走族「FREE AS A BIRD」のヘッドとして宇宙を飛び回っていた過去を持つ。19歳の時にやとわれ遊撃隊「スターフォックス」の創設者を父に持つフォックス・マクラウドらと共に新生スターフォックスを結成し、ペパー将軍からの依頼により共にベノムへ向けて出撃する。メンバーの中では最も積極的に敵機を攻撃する他、ルート分岐のヒントを教えてくれたりその援護を行う。
ゾネスにて、かつての暴走族仲間のキャット・モンローとの再会を果たす。
フォックスの腕を認めてはいるもののリーダーとしてはまだ未熟と思っている節があったが、フォックスが本物のアンドルフを倒して来た際には彼をリーダーと呼び迎える。
スターフォックス アドベンチャー
漫画『スターフォックス〜さらば愛しのファルコ〜』において、4年前にスターフォックスを脱退し行方をくらませていたが、フォックスがアンドルフ相手に苦戦しているところに現れ、アンドルフを倒すために必要なスマートボムを供給し続け、フォックスのサポートを務める。
アンドルフが倒れ、ダイナソープラネット(サウリア)が元に戻った際にチームに復帰する。
スターフォックス アサルト
元スターウルフのアンドリュー・オイッコニー率いる反乱軍、そして突如現れたアパロイドを殲滅するために共に出撃する。
金のためにチームにいると言っているが、概要で記しているように実際はチームメンバーを家族のように思っており、前作のように道中にスマートボムを投下したり、フィチナではピンチに陥ったフォックスの元にアーウィンで駆けつけ、警備ロボを蹴散らしそのまま建物内部に強引に着地するなどといった活躍を見せる。
バトルモードでは固有キャラクターとして使用できる。体力は最も低いが足のスピードが速く、アーウィンの操縦能力に長けており本編同様空中戦を最も得意とする。
スターフォックス コマンド
スターフォックスに舞い込む仕事が雑用ばかりで飽々し、退屈しのぎに元暴走族仲間と飛び回るために再脱退している。
早い段階でフォックスやナウスに重要戦力として目を向けられており、実際の参戦タイミングはルートにもよるが概ね中盤となり、フォックスをメインに進むルート全てで仲間になる。アステロイドベルトでは他の仲間では分が悪い残存の敵やボスを簡単に撃退できる戦力として増援に登場する(ボスのみ残った状態にすると「美味しいところだけいただいていく」と言うため、遅刻常習犯の自覚はあるらしい)。
搭乗機体は「スカイクロー」、アーウィンを原型としたデザインで鳥の翼のようなウィング、嘴のような細長い機首が特徴的。ブーストが高いがシールドが低い機動力重視の設計、兵装はマルチロックを装備しており対複数戦にて特に力を発揮するがレーザーはシングルで低いシールドと相まって接近戦には不向き。タイムボーナスとブーストが高いため滞空時間を稼ぎやすい機体でもある。
ストーリーによってはキャット、アッシュと共に遊撃隊を結成したり、フォックスの息子たちと共に新たにスターフォックスを結成したりするなど、様々な結末を迎える。

伝記

若いころ

ファルコは、19のBLWで生まれた。彼の故郷は多分はコーネリアであり、しかし、彼がゾネスの上であったコメントのために、彼はそこの寿命の一部を過ごしたかもしれない。彼は、多分とコーネリアン・フライト・アカデミーに参加しただろうが、抜けて、危険なパイロットになっただろう。多くはその後わかった、しかし、それは彼の命が無謀と冒険で前に満たされたということでありえた。それから、彼はリーダーとして彼とホット・ロッダーズをつくった。彼は二年の間彼らをリードした、彼がチームスターフォックスに加わるよう頼まれるほど、彼が同意した所で、彼がスターフォックスチームに加わることが彼の間で外へ落ちることと彼のパートナーの結果である場合があったが、常に彼女にそれも取っておかなければならないことについての苛立ちへのよろしくのキャット・モンローはギャングをやめて彼に終わった。彼はリーダー「フォックス」と友人になって、多数の大使館に熱中していた。

「スターフォックス」チーム

ライラット戦争

ファルコは、ライラット戦争の間に主役を演じた。彼は、コーネリアの都市にされる損傷にぞっとした。彼も、彼がバイオウェポン「サンガー」を見たとき、アンドルフが正気でなかったとショックで言った。HVC-09による対決ののち、彼らがスリッピーを救わなければならなかったために、彼は悩んだ。タイタニアで、彼は再びフォックスから援助を受け取って、バックアップを提供した。彼らがスリッピーを救ったあと、彼は彼らが常に「彼の隠れ場所を保存しなければならない」と述べた。彼らが惑星を汚染したために、ゾネスで、彼は怒った。彼はキャットが助けるようになったことに驚いた。そして、「キャット、どうしてお前がここに?」と言った。彼らがサルマリン号を破壊したあと、彼はキャットがなくなっていると気がついた。フィチナボルスで、彼は再びスターウルフのレオンを敵に戦って、彼を破った。ベノムのバトルで、彼は再びレオンを破って、アンドルフと戦う間がフォックスによっているよう命令された。フォックスが戻って来たとき、彼はフォックスが利益をもたらすと認めた。彼はそれから、懸賞金授賞式に行っているのを見られて、まるでペパー将軍に注意を払っていないように見た。それから、彼は、残りのチームに加えて、グレートフォックスに走って戻っているのを見られたのだ。